2019年09月03日

ぶらすとダイスキ(No.159)

テーブル式ショットブラスト装置のワーク搬入出用の扉には、ドアー式と両開き式(観音扉)の2種類があります。

投射材が漏れない様な構造で最適なのはドアー式となりますが、扉の蝶番部が片方のみとなる為点検もしっかりする必要がありますね.。


posted by 旬刊ばね新聞 at 01:30| Comment(0) | ぶらすとダイスキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶらすとダイスキ(No.158)

テーブル式ブラスト装置のテーブル奥側って、ワークを取り出したり、セットするのにひと苦労ですよね。

テーブルを回転させて作業性を向上させたいけど、回転中に手を挟む可能性もあります。

両手起動の機能が装備されていれば安全だね。
posted by 旬刊ばね新聞 at 01:29| Comment(0) | ぶらすとダイスキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶらすとダイスキ(No.157)

1メートルを超える長尺物、100キログラムを超える重量物のブラストには、最新式のテーブルタイプが生産性をあげるみたいですね。

ワークの位置替えや反転作業が大幅に削減されるのが理由のようです。
posted by 旬刊ばね新聞 at 01:27| Comment(0) | ぶらすとダイスキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶらすとダイスキ(No.156)

100キログラムを超える重量物や1メートル程度の長尺物をブラストしたい時、電動チェインが付属されたクレーン式のブラスト装置でブラストする事が多い様です。

しかしブラスト装置のサイズが大きくなることから、テーブル式でテーブルの中心部まで開口部があれば、重量物や長尺物でも簡単に処理できるみたいですよ。
posted by 旬刊ばね新聞 at 01:25| Comment(0) | ぶらすとダイスキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶらすとダイスキ(No.155)

最新型のターンテーブル式ショットブラスト装置で、生産性が向上している要因のひとつに、テーブルがスライドすることの他に、特殊な嵩上げ治具をセットすることで、投射材のリバウンド効果でワークの反転作業を軽減することができるみたいですよ。
posted by 旬刊ばね新聞 at 01:23| Comment(0) | ぶらすとダイスキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶらすとダイスキ(No.154)

ターンテーブルがスライドする最新式のテーブルタイプのショットブラスト装置は、テーブル面に特殊な嵩上げ治具をセットすることで投射材のリバウンド効果によりワークを反転することなく、均一な仕上がりが一度にできちゃうんだって。
posted by 旬刊ばね新聞 at 01:22| Comment(0) | ぶらすとダイスキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶらすとダイスキ(No.153)

ターンテーブルがスライドするブラスト装置は、通常のテーブル式と比較して、均一なブラスティングが短時間にできることから、生産性が一段と向上しますね。

だから、優遇税制対象設備として登録されているんだね。
posted by 旬刊ばね新聞 at 01:20| Comment(0) | ぶらすとダイスキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ぶらすとダイスキ(No.152)

ブラスティングしたいワークに傷や打痕をつけずに処理ができるテーブル式は、ワークの形状等によっては、数回にわたって位置替えや反転をおこなう必要があるみたい。

テーブルがスライドする機能が付属している最新タイプなら、生産性が向上しますね。
posted by 旬刊ばね新聞 at 01:19| Comment(0) | ぶらすとダイスキ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。